2020年度から、論理的思考力を身につける事を目的として小学校でのプログラミング教育が必修義務教育として取り入れられるようになりました。これからの時代はこれまで以上にコンピュータ・プログラムがとても身近になっていくでしょう。

※この記事は執筆・公開から5年以上経過しています。記事の情報が古くなっている場合がありますのでご注意ください。

公開日時:2016/01/30 16:41 最終更新:2021/06/09 07:31   PHP

イントロダクション~ 365日の紙PHP(0日目)

目次

    近代的なPHP開発を行うために

    プログラミングの道は長く険しいものです。

    最初は、見よう見まねで書いたたった10行ほどのコードがまるで魔法の言葉のようでした。

    あれから何十年経ち、年を重ねていろいろな脇道を歩きましたが結局ここに戻ってきています。コンピュータも信じられないくらい高度になりましたし、使うプログラム言語も変わりました。遊びの延長で書いていたコンピューター・プログラムは仕事となり、ただコードを書くのが楽しいというような安易な気持ちではいられなくなってしまいました。そこには、責任というものがついてまわります。

    プログラミングは難しい。

    世の中でコンピュータ・プログラムが求められるのは、大抵の場合、世の中の仕組みを再現してそれを効率化するためです。

    「世の中の仕組みを再現して効率化を図る」

    ただそれだけのことがいかに大変なことか。

    プログラムに携わる者は、経験が長くなればなるほどその難しさを思い知らされることでしょう。

    だからこそ、人は正しいプログラミングの手法を学ばなければなりません。

    僕はもっぱらPHPという言語を利用しています。PHPは多くのプログラマにとっては嫌われているようで、初期のプログラマが触れるだけで、高度なプログラムを書くプログラマは避けるべき言語のように言われています。

    本当にそうでしょうか?

    僕がPHPに興味を持った理由は、たった1つの関数の存在です。

    mb_convert_kana($str, "K");
    

    これは、半角カタカナを全角カタカナに変換する、ただそれだけのコードです。本当にそれだけ、ただそれだけのことが世の中のほとんどのシステムで実現されていません。

    入力値が不正です。全角カタカナで入力して下さい。

    こんなロボットみたいなメッセージを出すのが世の中のほとんどのシステムなのです。実に馬鹿げていませんか? 本来、1対1での置き換えが可能な処理はコンピュータが最も得意とする分野です。

    PHPは素晴らしい。本当に人に優しい言語です。よく出来ています。

    ただ、初期のPHPに不備があったのと、PHPを使うプログラマの質が下等だったためにPHPは批判されています。WEB検索で得られるPHPの情報はいい加減なものも多くありますし、今日の開発の現場で働く技術者でも、10年以上前の古い開発手法のまま旧態依然の開発を行っていたりします。

    現在のPHPは当初の簡単なスクリプトを書くためだけの言語から、本格的なプログラム言語へと成長しています。ですから、古い書籍などはあまり参考にならないか、むしろ現在のPHPを学ぶための妨げになるでしょう。

    PHPは素晴らしい言語です。だからこそ、PHPプログラマは正しいプログラミング手法を学ばねばなりません。

    このコーナーは、PHPに携わる者がみな、正しい開発を行えるようになることを目指しています。その範囲はPHPのみではなく、PHPを利用する現場で必要になるWEB技術全般を予定しています。HTML、CSS、JavaScript、jQuery、JSON、SQL、apache、IDE、バージョン管理等々、PHP開発に関連する技術と知識を包括的に初歩から解説していこうと思っています。

    PHPの初学者が安心して効率的な開発を行えるようになることを目指しています。

    記事リンク